揚げ物がやめられない人の対策方法

揚げ物がやめられない人のための対策方法

太った人に共通するものとして揚げ物、甘いもの、炭水化物が好きなどの特徴があります。
なかなか揚げ物をやめられない、甘いものをやめられない人はたくさんいるようですね。

 

その中でも脂っぽいものは太りやすいとされているのですが、なぜ太るのかというと油ものは脂質やタンパク質が4倍のカロリーもあり、脂質をとりすぎると血糖値があがり、脂肪細胞を作られ、結果的に肥満になると言われています。

 

揚げ物が好きでやめられないけどダイエットもしたいという人は、太らない食べ方や調理の工夫次第で我慢することもなく、揚げ物も食べることができ、健康にもよいかと思います。

 

揚げ物を食べる時の対策方法として、どうしても揚げ物が食べたい時はお昼に食べるようにするといいですね。

 

高カロリーのものを食べる時は、お昼に取り入れることで夜まで長く時間があるので、日中のうちにカロリーを消費することができます。

 

ですが、揚げ物や出来合いものは、油が酸化しているのでおすすめできません。

 

油が酸化していくと、トランス脂肪酸になり、悪玉コレステロール、動脈効果、心臓疾患、ガン、認知症など、様々な疾患になるリスクを高めてしまいます。

 

ですので、もし食べる場合は揚げたてで酸化する前に食べるもの大事なポイントになりますね。

揚げ物を食べるときの注意点

家で揚げ物を揚げるときはサラダ油よりもオリーブオイルの方ががヘルシーになりますが、理想はカラーラのように油を使わないで揚げ物を食べることでしょう。

 

外食などで揚げ物を食べても太りたくない人は、揚げ物と一生に食べるごはんを半分に減らしたり、揚げ物を食べた次の日は少しヘルシーな食事で控えめにして調節します。

 

また、揚げ物を食べる前にリンゴやバナナなどを酵素が高い果物を食べると良いとされ、揚げ物を食べる時には脂肪の吸収を抑えるレモンやからし、しょうがなどと一緒に食べると代謝を活発にしてくれる働きがあります。

 

 

他には、脂肪の吸収を妨げる成分としてペクチンのトマトがあり、トマトケチャプで食べるのもよいので、から揚げにトマトケチャップをつけて食べてみるのもいいかもしれません。

 

他にもかぼちゃや、人参、イチゴ、ミカンなども効果的だとされていますので、一緒に組み合わせてみてもよいと思います。

 

 

トンカツによくキャベツがついてきますが、これは組み合わせがとてもよく、キャベツは、ダイエットに効果的な成分もたくさん含まれていて、キャベジン、ビタミンC、食物繊維が、胃腸を保護し、油の吸収も抑えてくれます。

 

ダイエットのために油を全く控えるのも肌がカサカサになったり、髪の毛がパサついたりしますから良くないと考えられていますよ。

 

自宅で揚げ物をする時は、カラーラのような家電は重宝すると思いますよ。

 

 

カラーラの特徴とは